HOME > 全日本電卓競技大会について

全日本電卓競技大会について

主 催

一般財団法人 日本電卓技能検定協会

後 援

学校法人 大原学園
学校法人 北杜学園
学校法人 名古屋大原学園

協 賛

カシオ計算機株式会社
株式会社日本電卓教育普及会

全日本電卓競技大会

全日本電卓競技大会

計算道具としての電卓の有用性を理解し、電卓速算技能の向上と普及啓蒙・親睦を目的とした「全日本電卓競技大会」を開催いたします。
「全日本電卓競技大会」は、平成10年に第1回大会を開催し、北海道・東北・東海・西日本・九州、また平成25年より新たに北陸・甲信越を加えた6会場で「地方大会」を行い、地方大会代表者を含め東京で「全国大会」が開催されます。また平成17年度からは、高等学校教育の振興発展に寄与するため、高等学校の部を設け地方大会で表彰し、全国大会にも参加を呼びかけています。

会場及び開催日時・受付期間

 

開 催 日

会 場

受付期間

北海道大会

平成27年11月3日(火)

大原簿記情報専門学校 札幌校
(札幌市北区北6条西8-8)

 9月7日
   〜9月11日

東北大会  

平成27年10月24日(土)

仙台大原簿記情報公務員専門学校
(仙台市青葉区中央4-2-25)

北陸・甲信越大会

平成27年12月 6日(日) 大原簿記法律観光専門学校 金沢校
(金沢市広岡1-1-15)
 10月5日
   〜10月9日

東海大会

平成27年11月28日(土)

大原簿記情報医療専門学校 名古屋校
(名古屋市中村区名駅3-3-15)

西日本大会

 平成27年11月29日(日)

大原簿記専門学校 大阪校
(大阪市淀川区西中島3-15-22)

九州大会

 平成27年10月18日(日)

大原保育医療福祉専門学校 福岡校 
(福岡市博多区上川端町14-13)

 9月7日
   〜9月11日

全国大会

 平成28年 1 月17日(日)

大原簿記学校 本館 体育館
(東京都千代田区西神田2-4-11)

 12月7日
   〜12月11日


※地方大会は、会場の近隣または周辺地域に居住、通勤通学している団体・個人が対象となります。
※地方大会の募集人員は会場ごとに決定、午後1時開会・4時閉会を予定しています。
※全国大会の募集人員は230名、午後12時開会・4時閉会を予定しています。
   会場によっては、1団体の参加人数を調整していただく場合もございます。
   受付期間内であっても定員になり次第、受付終了となります。あらかじめご了承ください。
※天候によりやむを得ず中止になる場合もあります。

競技内容

団体競技
(1団体3チームまでエントリー出来ます。1チームは3名です)

個人総合競技(全選手対象)
※第18回全国大会
平均点481点最高点860点

読上算競技(全選手対象)

団体競技・個人総合競技

加減算の部・乗除算の部・見取算の部・伝票算の部の4種目の合計点で競います。

(1)加減算の部

  制限時間 問題程度 問題数 配点 満点 見本
加減算の部 7分 4桁〜12桁の加算・加減算 20問 10点 200点 出題例

加減算の部は連続正解数が得点となります。

※問題番号@から順番に計算し、@から連続して正解している部分だけを採点します。
不正解の解答以後の採点はされません。

※第18回全国大会 加減算の部 平均点95点最高点180点

(2)乗除算の部

  制限時間 問題程度 問題数 配点 満点 見本

乗除算の部

   ※乗算

   ※除算

5分

 

4桁〜8桁(小数位含む)

4桁〜11桁(小数位含む)

100問

※50問

※50問

5点 500点 出題例

乗除算の部はすべてが採点対象となります(ただし問題番号@から連続計算してください)

※第18回全国大会 乗除算の部 平均点204点最高点340点

(3)見取算の部

  制限時間 問題程度 問題数 配点 満点 見本
見取算の部 5分 5桁〜11桁の加算・加減算 30問 10点 300点 出題例

見取算の部はすべてが採点対象となります(ただし問題番号@から連続計算してください)

※第18回全国大会 見取算の部 平均点118点最高点200点

(4)伝票算の部

伝票算の部は、1冊になった伝票を1枚ずつめくりながら15ページ分を計算していきます。

  制限時間 問題程度 問題数 配点 満点 見本
伝票算の部 5分 5桁〜9桁の加算 60問 5点 300点 出題例
解答欄

伝票算の部は連続正解数が得点となります。

※問題番号@から順番に計算し、@から連続して正解している部分だけを採点します。
不正解の解答以後の採点はされません。

※競技大会に限り、右とじ伝票も用意しますので、必要な方は事前にお申込ください。

※第18回全国大会 伝票算の部 平均点64点最高点150点

読上算競技

デジタル音での読上問題を聴き取り計算していきます。

予選(場合により準決勝あり)と決勝を行ない、順位を決めていきます。

(1)予選

7問(4桁〜11桁の加算・加減算)

予選通過選手を選出します。人数は進行状況により変更になります。

(2)準決勝

1問ごとの勝抜き戦とし、決勝に進む選手を選出します。
※人数により行わない場合があります。

(3)決勝

1問ごとの勝抜き戦とします(6桁〜12桁の加算・加減算)

競技上の注意

@ 競技中は司会者の指示に従うこと。
A 暗算計算・不正行為・迷惑行為は一切認められません。
B 12桁電卓を使用し、かつ、F(フリー)で計算した答えを正答とする。
C 各種目とも問題番号@番から連続して計算をすること。
答えは番号順に連続して計算してください。
途中で計算してないところがあった場合は、その番号までしか採点されません。
また、電卓で計算した答えを必ず記入すること。
D 答えの書き方で、紛らわしい数字・カンマ・小数点は無効となる場合がある。
また、カンマ(,)や小数点(.)が無いものは無効。
E 答えの二度書きや部分訂正は無効。
F 消しゴムでの訂正は無効。
G 読上算競技では、答えの書き直しは無効。
H 乗除算の端数処理は一般計算・小計・合計は円位未満四捨五入、構成比率は%小数第2位未満四捨五入。
見取算・伝票算の構成比率は%小数第2位未満四捨五入。
I プリント問題・伝票算問題のページ調べは事前に確認済み。指示があるまで問題に触れないこと。
J 伝票ホルダー・指サック・メクール等は指示により準備すること。

 

表彰について

  地方大会 全国大会
団体競技 優勝〜第6位・佳良賞(4チーム) 優勝〜第10位・佳良賞(10チーム)
個人総合競技 優勝〜第6位・佳良賞(4名) 優勝〜第10位・佳良賞(10名)
読上算競技 優勝〜第3位(6名)・佳良賞(4名)
※状況により順位確定
優勝〜第4位(10名)・佳良賞(5名)
※状況により順位確定
高等学校の部 優勝〜第3位(状況により変更) 優勝〜第6位(状況により変更)
特別賞(小・中学生) 数名(状況により変更) 数名(状況により変更)

高等学校の部について

高等学校教育の振興発展に寄与するため「高等学校の部」を設け地方大会で表彰し、全国大会への参加を呼びかけています。

対象団体

1.高等学校に所属していること

2.参加選手が3名以上であること

3.大会実施年度4月1日現在、15歳以上であること

※参加選手が3名に満たない場合は対象になりません

順位の決め方

参加選手の上位3名の合計点で順位を確定します
同じ高校の選手全員が対象です

※同点の場合は団体競技のルールに準じます

検定について
申込手続き
試験会場一覧
学校・団体による試験会場の申請について
検定出題例(PDF)
全日本電卓競技大会について
申込方法
通信講座
通信講座申込から終了までの流れ
通信講座申込について
教材一覧
教材のご注文方法
日電検とは
理事長挨拶
電卓道とは
電卓士について
申込手続き
試験会場一覧
学校・団体による試験会場の申請について
教材一覧
よくある質問
お問合わせ